DIYシリーズ エスクァイア DBA-ZRR80G 系 バックランプをLEDに交換 ノアやヴォクシーも

LED

お越しの皆様こんにちは、

このページを見ているということはバックランプの交換を予定しているのでしょうか?

早速バックランプの交換をしていきましょう!

今回は純正のハロゲン電球からLEDバックランプへと交換していきます。

まずはユニットを外していく作業からです。

 

 

ハッチを開けてからボルトを外していきます。

すぐに目に付くところにありますので迷うことはないでしょう。

テールランプの外し方にも参考になります。

 

上と下に10mmのボルトがあります。

このボルトを外せばあとはネジで止まっている箇所は無いのでユニットが外れる準備ができます。

 

スポンサーリンク

 

こちら下側。

さすがはアクセスがしやすい!

反対側も同様に外していきます。

ネジはなくさないようにしてください。

 

 

 

点灯の様子がわかりやすいように夜になるまで待ちます。。。。

というか今回の作業では昼間の撮影データがカードクラッシュで破損してしまい

なくなってしまったので急遽夜に再度取り直しです。

 

さて、気を取り直して。

ボルトを外したらユニットを軽く引っ張り一旦ボディフレームから取り外します。

 

スポンサーリンク

 

ユニットを後ろに引っ張ると

こんな感じでスポッと外れてくれます。

割と簡単。

テールユニットの突起が本体にあるゴムの穴に刺さっている状態です。

 

次にバックランプ部分のバルブを取り外し、

交換していきます。

テールランプやウインカーなど他の配線も見えますがバックランプは一番したの白いゴムのつまみです。

 

一番下の・・・・・

 

 

下側、白いつまみを左にひねると緩みますので、

ツメがひっかかっていないところまで緩めて引き出せば取り外れます。

 

割と簡単にアクセスできますね。

T16と呼ばれるT10等とソケットの互換性のあるバルブと交換していきます。

こちらのバルブは手前に引き抜くことで外れます。

今回はT16互換のSMDチップを搭載したLEDバルブに交換し装着していきます。

組み戻しは上記手順を逆に行い戻していきます。

 

 

ソケットのひねり不足や、ネジの締め忘れ、+と-の向きに注意して戻していきましょう。

※LEDには極性(+と-)があるので、向きを間違えて差し込むと点灯しないモデルもあるので注意してください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました