最近話題の個人リース、カーシェアリングって?

カテゴリー4

車を買うって言ってもすぐにはきついなあ…。

でも少し遠くに出かけたい…。

そんな悩みをお持ちの人もいるのではないでしょうか?

 

販売店に代金を一括で払う、

ローンを組む以外にも車の入手には選択肢がいくつかあります。

今回は今話題のお得な所有方法をご紹介していきます!

 

最近話題になっているのがこの2つ。

・個人リース

・カーシェアリング

ではこの2つは実際にどんな所有の仕方で、

一体どのくらいお得なんでしょうか?

 

今回はこの2つについて解説していきます。

 

・個人リース

事業者向けリースと同じものもあるが、一般的には、

3年あるいは5年後に返却すると言う前提で

その下取り残価を推定。

新車価格からその分を引き、差額を月割りで支払う方法。

価格全額でローンを組むより安くなるため、月々の支払い負担が小さくなる。

 

 5年後 → 

 

大きな出費もなく、大きな車に!

スポンサーリンク

 

 

・カーシェアリング

レンタカー業者、あるいは駐車場業者などが主体になって、

1台の車を複数オーナーの共同で所有する形態。

レンタカーでは割高になるようなごく短時間の使用もできる。

 

現在は車種がコンパクトカーに限られるが、

今後は外国車やスポーツカーなどに拡大することも予想されている。

    

利用頻度が少ない人向けにオススメ!

スポンサーリンク

 

 

・個人リースのデメリット

ほぼ、現在売られている新車に限定される

当初算定した標準以上の利用で追金発生も

返却が前提なため所有感はイマイチ

リース期間終了後に購入となると案外割高

金利によってはローンと大差がないことも

扱っていない業者もある

 

 

・カーシェアリングのデメリット

レンタカーに準じるので所有感に乏しい

いつでも自由に利用できるわけではない

車いじりの楽しさは味わえない

必要な荷物などの積みっぱなし不可

置き場までの距離があると不便

使用状況によってはレンタカーの方がお得

 

 

このように2つとも自分のもではないので所有感がなかったり

自由さには欠けるところがあったり、

長く使いたい人には不向きなところもありますね。

 

このメリットやデメリットを踏まえた上で

車とうまく付き合っていけると良いでしょう!

スポンサーリンク

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました