初級編:高速道路で気をつけることまとめ!合流の時気をつけること、コツは?

未分類

高速道路、よく使う人もいれば

なかなか使わない人もたくさんいかもしれないですね。

 

事故を起こさないためにも

もう一度高速での気をつけることをおさらいしていきましょう!

 

・3〜5台先の車を見る

直前の車が突然停まることはまずあり得ません。

全体的な流れに乗って走るため、そしてはるか先のトラブルや危険を

いち早く察知するためには、3〜5台先の車でみていることが必要。

 

100km/hで走行していたら、1秒間に約28mも進んでいるので、

急には停まることはできません。

先を先を見てトラブルがないか常に気にしていましょう。

 

スポンサーリンク

 

ポイントになるのは、混雑していても3〜5台前まで目を配ること。

こうすればカーブで慌てることもありませんし、

直前の車がちょこちょことブレーキを踏んで速度を微調整しても、

それに合わせる必要は無くなります。

 

実はこのアクセルとブレーキの踏み変えが最大のNGになります。

全体の流れを乱し、渋滞をつくりかねません。

 

できる限りアクセルだけで、滑らかに速度の調節をする。

実はハンドルも同じで、直近のラインを見ての微修正は不要です。

滑らかに車線内をキープしましょう。

 

 

・アクセル操作で速度調節

頻繁なブレーキは、後続車にも同様の操作を強いるため、

その連鎖によって車間が詰まり、ひいては渋滞を引き起こすこともあります。

前車やその前の車がブレーキを踏んだら、

ブレーキを踏むつもりでいましょう。

渋滞やよほどの急カーブ以外、アクセルを緩めて速度を落とすなど

アクセル操作だけで速度調整をしましょう。

 

高速道路でのスムーズで安全な合流とは?

スポンサーリンク

 

ペーパードライバーや初心者にとって、最大の恐怖とも言える

高速道路の合流。今回は合流のコツをご紹介!

 

合流では、

なるべくスピードを本線と同じようにして合流することがポイントです。

 

①加速車線で十分に加速して速度を乗せていく。

と同時にウインカーを出して意思表示。

 

②入りたい場所の前車の後輪に自車の頭を合わせるような気で

後続車を確認しつつさらに加速。

 

③それでも本線の流れの方が早いのでスピードをキープして並走し、

後続車を確認する。

④後続車の動き、さらに隣車線の予想外の車線変更などに注意して

スピードをキープしつつ合流。

 

⑤アクセルペダルを少し戻し、速度、車間を調整して、

本線の車の流れに乗る。

 

▶︎POINT

・速度差を減らせば怖くない

合流で一番怖いのが、ビビってブレーキを踏んでしまうこと。

特に加速車線を使い切ってしまうと全く動けなくなります。

 

恐怖心を生み出す魔物の正体は速度差ですから、

ブレーキではなく、アクセルペダルを踏み込んで加速し、

速度差をなくしてしまうことが克服への道です。

 

以上が高速道路で気をつけるべきポイントと

合流のコツでした!

高速は慣れていないと焦ってしまうことも多いので

しっかりと予習をして頭に入れておきましょう!

素敵なカーライフを送ってくださいね!

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました